うつ病の診断基準を知ろう~向き合うことが回復への近道~

笑顔の女性

心の病気を診断

女性医師

自分が病んでいるかを知る

心の病気は、体の病気のように、目に見えるものではありませんので、その診断基準が、非常に困難なものです。 実際、どのような人でも、勉強や仕事等に、どうしてもやる気が出ない事はあり得ますし、それだけでいきなり、心の病気というわけにはいきません。 しかしその一方で、その明確な診断基準がないものだけに、実際に心の病気にかかってしまっても、それをすぐに病気と判断できずに、治療が遅れて状況が、必要以上に悪化してしまうケースも存在します。 つまりこの、心の病気というものは、普段からある程度の理解が必要で、そうした専門知識を持っている事こそが、その予防と対策になると言えるのです。 今の時代はうつ病は、誰でも聞いた事のある病名だと思いますが、その正確な理解が、どこまで世間に浸透しているのかは、疑問でしょう。 このうつ病は、基本的には気分の落ちこみや、行動の積極性の欠如といった兆候のあるもので、確かに外部からでもその症状を診断する事は、必ずしも不可能ではありません。 しかしそれは、普段から誰でも起こりえる無気力や気力の欠如といった症状と酷似でしているために、それだけでいきなり自分はうつ病だと思って、精神科を尋ねる人は、そう多くはないでしょう。 そして実際にうつ病である場合に、そうして放置してしまっていると、その症状が進行して悪化し、結果的に最悪の状況まで行ってしまう危険性があるのです。 そういう意味でも、このうつ病は、正確な理解が求められるのです。

基本的な知識を持つ

もしこのうつ病の基本的な知識を持つ事ができれば、一般的には、その対策としては十分でしょう。 こうしたものは、まずその病気の正しい知識を持って、それでその症状が見られた場合に、その進行度を判断して、自分で治療できるか、それとも専門家の力が必要かどうかを判断できるようにするべきです。 このうつ病は、ただでさえ診断基準の点で、困難とされている精神科の病気の中でも、さらにその判断が困難なものです。 そのためその正しい知識を得る事も、実に専門家でもない人にとっては、難しいと言えるでしょう。 しかしそう言いましても、それはだから、そういう知識は持たないでよく、いざという時には、専門家に委託すればいい、というわけにはいきません。 確かにそれで何とかなる場合もなくはないのですが、しかし個別に事例を見てみますと、やはりうつ病は、その症状を悪化させず、順調に回復させるためには、どうしても大きな影響力を持っているものが、早期発見であり、それを実現するために必要なのが、病気に対する正しい知識なのです。 そうした正しい知識による、正しい診断基準があれば、心の病気も早期発見が可能になりますし、それによって回復も順調に行くわけです。 うつ病は、他の病気を誘発する危険性も大きい病気だけに、その治療は順調に行いたいものです。 今の時代は、こうしたものに対する専門知識は、ネットで簡単に検索できますので、誰でも必要な知識を得る事ができるため、ぜひその点を、心がけておくべきでしょう。

診断の基準

看護師

うつ病には近年診断基準が制定され、インターネットサイトや専門書籍などにおいて診断基準について解説をしている機会を目にする事が増えました。こうした中で、うつ病や他の精神病に関する情報収集を行う際に知っておくべき大切なことがあるのです。

View Detail

決して一人ではない

悩む女性

気分の落ち込みが続いたらノートなどに色々と書き留めてみると良いです。頭が整理され受診を決める基準となります。病院では問診がうつ病の診断基準となります。問診でうつ病と診断されると治療に入ります。休息と薬物治療、精神療法などを行います。ストレス社会です。心療内科の需要は今後も高まるでしょう。

View Detail

心の病気を診断する

笑顔

うつ病の診断基準というものは、かなり不明確です。と言いますのも、日常生活におきまして、うつ病の症状である、気分の低下、やる気の喪失というものは、誰にでも起こり得るものだからです。ですからその基準は、その深刻度で見るべきでしょう。

View Detail